魔弾


「魔弾」ってどんなテーマ?
全てのモンスターがフィールドに存在するとき、手札から「魔弾」魔法・罠カードを発動することができる効果を有しています。さらに、下級モンスターは自身と同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動する固有の効果を持ちます。このように手札からの「魔弾」魔法・罠カードにより、相手を妨害しつつ、「魔弾」モンスターの効果によってアドバンテージを得ていくテーマです。

「魔弾」ってどんなカードがあるの?
全ての「魔弾」モンスターは以下の共通効果を持つ。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。

また、下級「魔弾」モンスターは以下の共通効果も持つ。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
(固有の効果)。


下級「魔弾」モンスター
《魔弾の射手 カスパール》
魔弾の射手 カスパール
効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1200/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
その発動したカードとカード名が異なる「魔弾」カード1枚をデッキから手札に加える。

このテーマの要となる「魔弾」魔法・罠カードをサーチできるため積極的に使用したい。

《魔弾の射手 ザ・キッド》
魔弾の射手 ザ・キッド
効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1600/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、
手札から「魔弾」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

《魔弾の射手 カスパール》や《魔弾の射手 スター》を手札に引き込みやすくなる。コストにした「魔弾」魔法・罠カードを《魔弾の射手 ドクトル》でサルベージできると良い。

《魔弾の射手 ドクトル》
魔弾の射手 ドクトル
効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1400/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
その発動したカードとカード名が異なる「魔弾」カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

手札に「魔弾」魔法・罠カードを蓄えておきたいため、このカードのサルベージは有用。

《魔弾の射手 カラミティ》
魔弾の射手 カラミティ
効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1500/守1300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、自分の墓地の「魔弾」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

守備での召喚のため、即座のアタッカーとしては使用できないが、ボード・アドバンテージ得られるため優秀。

《魔弾の射手 スター》
魔弾の射手 スター
効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1300/守1700
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
デッキから「魔弾の射手 スター」以外のレベル4以下の「魔弾」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

守備表示で召喚するリクルーター。序盤で《魔弾の射手 カスパール》や《魔弾の射手 ドクトル》といった「魔弾」魔法・罠カードを補充できるモンスターを優先して召喚したい。

《魔弾の射手 ワイルド》
魔弾の射手 ワイルド
効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1700/守 900
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、
自分の墓地の「魔弾」カード3枚を対象として発動できる。
そのカード3枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

墓地からのサルベージや蘇生を行うモンスターが多いので採用枚数に注意が必要。一方で下級「魔弾」モンスターの中で最も攻撃力が高い。


上級「魔弾」モンスター
《魔弾の悪魔 ザミエル》
魔弾の悪魔 ザミエル
効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
このカードは「魔弾」モンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「魔弾」魔法・罠カードの数だけ、自分はデッキからドローする。

ドロー効果により、消費した手札を補充できるが相手エンドフェイズにしかドローできない点がやっかいである。相手のターンを迎える際には使用できないため、相手のターンを凌ぐことが難しくなる。


「魔弾」魔法・罠カード
《魔弾-クロス・ドミネーター》
魔弾-クロス・ドミネーター
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。

モンスターを無力化できる。汎用性が高く、手札に1枚は握っておきたい。

《魔弾-ネバー・エンドルフィン》
魔弾-ネバー・エンドルフィン
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「魔弾」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで元々の数値の倍になる。
このカードを発動するターン、対象のモンスターは直接攻撃できない。

《魔弾-クロス・ドミネーター》の方が汎用性が高いが、対象の取れないモンスターに対しては自身のモンスターを介した戦闘で除去ができる。

《魔弾-ダンシング・ニードル》
ダンシング・ニードル
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。

相手によって刺さりやすさが大きく変わるため、採用の判断が分かれる。

《魔弾-デスペラード》
魔弾-デスペラード
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

《魔弾-クロス・ドミネーター》と同様に汎用性が高い。

《魔弾-デビルズ・ディール》
魔弾-デビルズ・ディール
永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「魔弾」モンスターは効果では破壊されない。
(2):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「魔弾-デビルズ・ディール」以外の「魔弾」カード1枚を選んで手札に加える。

永続罠であるためにその位置を封鎖してしまい、「魔弾」モンスターの共通効果との噛み合わせが少し悪い。発動位置に注意が必要。

《魔弾-デッドマンズ・バースト》
魔弾-デッドマンズ・バースト
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

必須のカードではあるが、モンスターに対しては無力であるため、同時に《魔弾-クロス・ドミネーター》や《魔弾-デスペラード》を握っておきたい。



テーマ以外のおすすめカード
《百万喰らいのグラットン》
特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・エクストラデッキから
カード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを裏側表示で除外する。

エクストラへの依存度が低いため採用しやすい。

《オネスト》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900
(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが
戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

光属性モンスターの強力な戦闘補助。

《魔界発現世行きデスガイド》
効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない。

召喚後、X召喚することで《魔弾の射手 カラミティ》を介してリクルートできる。

《成金ゴブリン》
通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

《強欲で謙虚な壺》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中から1枚を選んで手札に加え、
その後残りのカードをデッキに戻す。

《強欲で貪欲な壺》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

《トゥーンのもくじ》
通常魔法
(1):デッキから「トゥーン」カード1枚を手札に加える。

いずれもドロー、サーチを介して「魔弾」モンスターの効果を発動できる。

《同胞の絆》
通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を
デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

下級レベル3,4「魔弾」モンスターのいずれにも使用でき、レベル3「魔弾」モンスターは特殊召喚に関係していないため、相性がよい。

《簡易融合》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズに破壊される。

「魔弾」モンスターの効果を発動しながら、リンク・X召喚の素材や《サウザンド・アイズ・サクリファイス》、《召喚獣ライディーン》の召喚が可能。

《戦線復帰》
通常罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《リビングデッドの呼び声》と異なり、フィールドに残らない汎用蘇生札。

《群雄割拠》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には
1種類になるように墓地へ送らなければならない。

《御前試合》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が
2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

「魔弾」モンスターは悪魔族・光属性で統一されているため、「魔弾」モンスターの動きを邪魔しない。