ライトロード



「ライトロード」ってどんなテーマ?
デッキの上のカードを墓地に送る効果を持つ光属性のモンスターにより墓地を肥やし、フィニッシャーである《裁きの龍》でフィールドを一掃するテーマ。この「ライトロード」に除外のギミックを加えた闇属性の「トワイライトロード」がありますが、今回は「ライトロード」について解説していきます。

「ライトロード」ってどんなカードがあるの?
光属性に統一されたモンスターからなり、カードをデッキから墓地へ送る効果やそれに関連した効果を持ちます。そのため、
ほとんどすべてのモンスターが以下の共通効果を持ちます。

(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを○枚墓地へ送る。


この効果を駆使して、「ライトロード」モンスターを墓地に4種類以上にすることで、フィニッシャーの《裁きの龍》 を召喚し、効果でフィールドを一掃します。

《裁きの龍》
裁きの龍
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1000LPを払って発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。




メインモンスター
主要なカードのみ

《ライトロード・ハンター ライコウ》
ライトロード・ハンター ライコウ
リバース・効果モンスター
星2/光属性/獣族/攻 200/守 100
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

リバース時、フィールドのカードを破壊し、デッキの上から3枚墓地に送る。少しばかり遅く、「ライトロード」デッキでセットした時点で、ばれやすい。複数採用すると警戒されやすいので、採用枚数に注意。

《ライトロード・パラディン ジェイン》
ライトロード・パラディン ジェイン
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1800/守1200
(1):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップの間、
このカードの攻撃力は300アップする。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

攻撃する際に攻撃力が2100になる。アタッカーとして利用できるが、こちらからの攻撃の際しか上昇しない点、また《ライトロード・アサシン ライデン》をアタッカーとして利用できる点から採用率は低い。

《ライトロード・マジシャン ライラ》
ライトロード・モンク エイリン
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1700/守 200
(1):自分メインフェイズに相手フィールドの
魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドの表側攻撃表示のこのカードを守備表示にし、
対象の相手のカードを破壊する。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時までこのカードは表示形式を変更できない。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

自身を守備表示にし、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。効果を使用すると次の自分のターンの終了時まで表示形式が変更できない。「ライトロード」は魔法・罠カードへの除去が少ないため、採用の余地がある。

《ライトロード・モンク エイリン》
ライトロード・モンク エイリン
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1600/守1000
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージ計算前に発動する。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

戦闘で守備表示モンスターをダメージ計算前にデッキに戻せる。リバースモンスターなどを多く使用する相手に有効。

《ライトロード・サモナー ルミナス》
ライトロード・サモナー ルミナス
効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

手札を1枚捨て、墓地の「ライトロード」モンスター1体を蘇生できる。《ライトロード・サモナー ルミナス》を蘇生し、再び効果を使用したり、《ライトロード・アサシン ライデン》などのチューナーを蘇生し、S召喚に繋げることも可能。

《ライトロード・アサシン ライデン》
ライトロード・アサシン ライデン
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1000
「ライトロード・アサシン ライデン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
この効果で墓地へ送ったカードの中に「ライトロード」モンスターがあった場合、
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで200アップする。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

他の「ライトロード」モンスターと異なり、エンドフェイズ以外にもデッキの上からカードを墓地に送れる。また、その中に「ライトロード」モンスター存在すれば、相手ターン終了時まで攻撃力が1900になるため、アタッカーとしても利用可能。

《ライトロード・メイデン ミネルバ》
ライトロード・メイデン ミネルバ

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻 800/守 200
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地の「ライトロード」モンスターの種類の数以下のレベルを持つ
ドラゴン族・光属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

召喚時に自分の墓地の「ライトロード」モンスターの種類の数以下のレベルを持つドラゴン族・光属性モンスターサーチでき、8種類以上で《裁きの龍》をサーチできるが、この効果を狙ってサーチするのは現実的ではない。また、このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に、デッキの上からカードを1枚墓地へ送れる。《ライトロード・ウォリアー ガロス》や《ライトロードの神域》の効果と合わせて使うと良い。

《ライトロード・ウォリアー ガロス》
ライトロード・ウォリアー ガロス
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1850/守1300
「ライトロード・ウォリアー ガロス」以外の
自分フィールド上の「ライトロード」と名のついた
モンスターの効果によって自分のデッキからカードが墓地へ送られた場合、
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
その後、この効果で墓地へ送られた「ライトロード」と名のついた
モンスターの数だけデッキからカードをドローする。

自分フィールド上の「ライトロード」モンスターの効果により、自分のデッキからカードが墓地へ送られた場合、さらに2枚墓地へ送る。この効果で墓地へ送られた「ライトロード」モンスターの数だけドローできる。複数の「ライトロード」モンスターの効果が発動すると、非常に強力。

《ライトロード・ビースト ウォルフ》
ライトロード・ビースト ウォルフ
効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻2100/守 300
このカードは通常召喚できず、
カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカードがデッキから墓地へ送られた時に発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。

通常召喚できず、このカードがデッキから墓地へ送られた時のみ墓地から特殊召喚できる。比較的容易に召喚できるが、手札に来てしまった時に腐ってしまうので採用枚数に注意。

《ライトロード・アーチャー フェリス》
ライトロード・アーチャー フェリス
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1100/守2000
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。
(2):このカードをリリースし、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
その後、自分はデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《ライトロード・ビースト ウォルフ》と同様に通常召喚できず、このカードがデッキから墓地へ送られた時のみ墓地から特殊召喚できるが、モンスターの効果による場合にしか蘇生できない点に注意。また、自身をリリースして、相手フィールドのモンスター1体を破壊できる。

《ライトロード・ドルイド オルクス》
ライトロード・ドルイド オルクス
効果モンスター
星3/光属性/獣戦士族/攻1200/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーは「ライトロード」と名のついたモンスターを
魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にできない。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

フィールドに存在する場合、お互いに「ライトロード」モンスターは魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にできない。

《ライトロード・エンジェル ケルビム》
ライトロード・エンジェル ケルビム
効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻2300/守 200
「ライトロード」と名のついたモンスターをリリースして
このカードのアドバンス召喚に成功した時、
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送って発動できる。
相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊する。

「ライトロード」モンスターをリリースしてアドバンス召喚した時、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送り、相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊できる。4枚の墓地送りに加え、相手フィールド上のカードを2枚まで破壊できるため強力だが、アドバンス召喚の必要があるため採用率は低い。

《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》
ライトロード・ドラゴン グラゴニス
効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2000/守1600
このカードの攻撃力・守備力は、自分の墓地の
「ライトロード」と名のついたモンスターの種類×300ポイントアップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

攻守が自分の墓地の「ライトロード」モンスターの種類×300ポイントアップする。また、貫通を持つためフィニッシャーとしても使用できるが、専用の構築にする必要がある。

《裁きの龍》
裁きの龍
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1000LPを払って発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

自分の墓地の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。また、1000LPを払い、自身以外のフィールドのカードを全て破壊できる。フィールドを一掃した後に、展開することで容易に制圧できる。


エクストラモンスター
《ライトロード・アーク ミカエル》
ライトロード・アーク ミカエル
シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、1000LPを払い、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードが破壊された時、
このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、自分は戻した数×300LP回復する。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

1ターンに1度、1000LPを払い、フィールドのカード1枚を除外できる。また、このカードが破壊された時、このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスターを任意の数だけデッキに戻し、その数×300LP回復できる。「ライトロード」はデッキ切れになりやすいので、その対処として利用できる。

《ライトロード・セイント ミネルバ》
ライトロード・セイント ミネルバ
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻2000/守 800
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数だけ自分はデッキからドローする。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数までフィールドのカードを選んで破壊できる。

X素材を1つ取り除いて、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。その中に「ライトロード」カードがあった場合、その数だけ自分はデッキからドローできる。召喚しやすく、墓地を肥やし、ドローできる可能性もある。また、戦闘や効果で破壊された時に、デッキの上からカード3枚を墓地へ送り、その中の「ライトロード」カードの数までフィールドのカードを選んで破壊できる。相手は容易に破壊できなくなるため、強力な抑止力になる。

《ライトロード・ドミニオン キュリオス》
ライトロード・ドミニオン キュリオス
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

リンク召喚時にデッキから任意のカードを1枚墓地に送り、さらにデッキの上からカードを3枚墓地へ送れる。また、このカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、墓地のカード1枚をサルベージできる。(1)の効果を利用して、任意のカードをサーチすることもできる。


魔法・罠
《光の援軍》
光の援軍
通常魔法
(1):自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を手札に加える。

墓地を肥やせる「ライトロード」専用サーチ。

《ソーラー・エクスチェンジ》
ソーラー・エクスチェンジ
通常魔法
(1):手札から「ライトロード」モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

墓地を肥やせる「ライトロード」専用《トレード・イン》。

《ライトロードの神域》
ライトロードの神域
永続魔法
(1):1ターンに1度、手札の「ライトロード」モンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスター以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターを手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のデッキからカードが墓地へ送られる度に、
このカードにシャインカウンターを1つ置く。
(3):自分フィールドの「ライトロード」カードが効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのシャインカウンターを、
破壊される「ライトロード」カード1枚につき2つ取り除く事ができる。

手札の「ライトロード」モンスターを捨て、墓地の「ライトロード」モンスターをサルベージできる。また、デッキからカードが墓地へ送られる度に、このカードにシャインカウンターを1つ置き、「ライトロード」カードが効果で破壊される場合、そのカウンターを2つ取り除くことで、その破壊を防ぐ。このカードだけではカウンターが溜まりにくいので《ジャスティス・ワールド》 と共に使うと良い。

《ジャスティス・ワールド》
ジャスティス・ワールド
フィールド魔法
自分のデッキからカードが墓地へ送られる度に、
このカードにシャインカウンターを1つ置く。
フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの攻撃力は、
このカードに乗っているシャインカウンターの数×100ポイントアップする。
また、このカードがカードの効果によって破壊される場合、
代わりにこのカードに乗っているシャインカウンターを2つ取り除く。

デッキからカードが墓地へ送られる度に、このカードにシャインカウンターを1つ置き、「ライトロード」モンスターの攻撃力がそのカウンターの数×100ポイントアップする。これだけではカウンターの溜まりが悪く、攻撃力の上昇が低いため、使用しづらい。

《ライトロードの裁き》
ライトロードの裁き
通常罠
(1):このカードをデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果で
デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「裁きの龍」1体を手札に加える。

「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、《裁きの龍》をサーチできる。手札に来ては困るが、自身の効果でデッキに戻すことも可能。

《ライト・バニッシュ》
ライト・バニッシュ
カウンター罠
自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。

自分フィールドの「ライトロード」モンスターをリリースして、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし、破壊するカウンター罠。コストが比較的軽いため、使い勝手が良いが、墓地に送られるカードの多いこのテーマでは採用枚数を検討する必要がある。


テーマ以外のおすすめカード
《グローアップ・バルブ》
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
このカードを墓地から特殊召喚する。

《ゾンビキャリア》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
(1):このカードが墓地に存在する場合、
手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

《ジェット・シンクロン》
チューナー・効果モンスター
星1/炎属性/機械族/攻 500/守 0
「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

上記は墓地から特殊召喚できるチューナーモンスター。

《ボルト・ヘッジホッグ》
効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 800/守 800
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにチューナーが存在する場合に発動と処理ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

フィールドにチューナーモンスターが存在する場合、墓地から特殊召喚できる。《ライトロード・サモナー ルミナス》 からチューナーモンスターの《ライトロード・アサシン ライデン》を召喚することで、このカードを介して《氷結界の龍 トリシューラ》を召喚することも可能。

《Emトリック・クラウン》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
その後、自分は1000ダメージを受ける。

墓地に送られた時、LP1000のダメージで特殊召喚できる。《H・C サウザンド・ブレード》 の効果を誘導することも可能。

《H・C サウザンド・ブレード》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。

戦闘・効果でダメージを受けた場合、墓地から特殊召喚できる。《Emトリック・クラウン》 の効果で受けたダメージから特殊召喚することも可能。

《ペロペロケルペロス》
効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 0/守1800
(1):このカードが墓地に存在し、
戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた場合、
墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

戦闘・効果でダメージを受けた場合、墓地のこのカードを除外し、フィールドのカードを破壊できる。

《超電磁タートル》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 0/守1800
「超電磁タートル」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。

相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して、バトルフェイズを終了できる。

《ネクロ・ガードナー》
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 600/守1300
(1):相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。

相手ターンに墓地のこのカードを除外して、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にできる。 《超電磁タートル》と異なり、発動がバトルフェイズに限らない、デュエル中に1度でないため、複数回発動できる点が挙げられる。

《BF-精鋭のゼピュロス》
効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1600/守1000
「BF-精鋭のゼピュロス」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの表側表示のカード1枚を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、自分は400ダメージを受ける。

自分フィールドの表側表示のカード1枚を手札に戻し、墓地から特殊召喚できる。《裁きの龍》を利用することでノーコストでの召喚や様々なカードの再利用に使用できる。

《ダンディライオン》
効果モンスター(制限カード)
星3/地属性/植物族/攻 300/守 300
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「綿毛トークン」
(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

墓地に送られるとトークンを2体召喚でき、墓地に送りやすいこのテーマでは使用しやすい。

《妖精伝姫-シラユキ》
効果モンスター(制限カード)
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

召喚時に相手フィールドのモンスター1体を裏側守備表示にできる。また、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外し、墓地から特殊召喚できる。この効果は相手のターンにも発動できるため、相手への妨害に使用でき、墓地が肥えやすいこのテーマでは使用しやすい。

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカードの(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

《カオス・ソーサラー》
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外した場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

両者とも、墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外し、特殊召喚できる。アタッカー、除去要員としては《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》の方が有用だが、《カオス・ソーサラー》はレベルの低さからシンクロ・エクシーズの素材として利用しやすい。

《究極時械神セフィロン》
効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが10体以上存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、レベル8以上の天使族モンスター1体を
自分の手札・墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、攻撃力は4000になる。

自分の墓地にモンスターが10体以上の場合、特殊召喚ができ、アタッカーとして利用できる。

《ライトレイ ディアボロス》
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の光属性モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して確認し、
持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。

自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合、特殊召喚でき、相手フィールドのセットカードを除去できる。

《ジャンク・シンクロン》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

《デブリ・ドラゴン》
チューナー・効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1000/守2000
このカードをS素材とする場合、
ドラゴン族モンスターのS召喚にしか使用できず、
他のS素材モンスターは全てレベル4以外のモンスターでなければならない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の攻撃力500以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

上記は墓地のモンスターを特殊召喚できるチューナーモンスター。

《オネスト》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900
(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが
戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

光属性モンスターの戦闘補助カード。

《マスマティシャン》
効果モンスター(準制限カード)
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

召喚時にデッキからレベル4以下のモンスターを墓地に送れる。また、戦闘破壊された時に1枚ドローできる。

《カードガンナー》
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 400/守 400
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):自分フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

デッキの上からカードを3枚まで墓地へ送れ、フィールドで破壊されると1枚ドローできる。

《クリバンデット》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 700
(1):このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズに
このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。

召喚したターンのエンドフェイズにこのカードをリリースし、デッキの上のカードを5枚めくる。その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加え、残りを墓地に送る。実質的な墓地肥やしカードとして利用できる。

《創世の預言者》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守 600
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル7以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

手札を1枚捨て、墓地のレベル7以上のモンスターをサルベージできる。《裁きの龍》のサルベージが可能。

《エクリプス・ワイバーン》
効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから光属性または闇属性のドラゴン族・レベル7以上のモンスター1体を除外する。
(2):墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
このカードの(1)の効果で除外されているモンスターを手札に加える。

墓地に送られたとき、デッキから光属性または闇属性のドラゴン族・レベル7以上のモンスターを除外できる。また、墓地のこのカードが除外されると(1)の効果で除外したカードを手札に加えられる。《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》や《暗黒竜 コラプサーペント》で除外すると良い。

《輝白竜 ワイバースター》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。

《暗黒竜 コラプサーペント》
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

互いに通常召喚できないが、墓地の相反する属性のモンスターを除外し、特殊召喚できる。また、フィールドから墓地に送られると、互いのカードをサーチできる。

《彼岸の旅人 ダンテ》
エクシーズ・効果モンスター(制限カード)
ランク3/光属性/戦士族/攻1000/守2500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の「彼岸」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

《ライトロード・サモナー ルミナス》 から召喚でき、墓地肥やしができる。

《おろかな埋葬》
通常魔法(制限カード)
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

汎用性の高い優秀な墓地肥やし。《裁きの龍》召喚のために任意の「ライトロード」モンスターを落としたり、状況に応じて利用できる。

《隣の芝刈り》
通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合、その差だけデッキの上からカードを墓地へ送れる。60枚デッキの場合、大量に墓地肥やしができる。

《手札抹殺》
通常魔法(制限カード)
(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
その後、それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。

《手札断殺》
速攻魔法
(1):お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る。
その後、それぞれデッキから2枚ドローする。

いずれも墓地を肥やしつつ、手札の入れ替えが可能。

《死者転生》
通常魔法
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

墓地に落ちた《裁きの龍》をサルベージできる。

《貪欲な壺》
通常魔法
(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

墓地が肥えやすいため、容易に発動できる。墓地に落ちた《裁きの龍》をデッキに戻すことも可能。

《ブレイクスルー・スキル》
通常罠
(1):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):自分ターンに墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《スキル・プリズナー》
通常罠
自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外し、
自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《迷い風》
通常罠
(1):特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果は無効化され、元々の攻撃力は半分になる。
(2):このカードが墓地に存在し、相手のエクストラデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

《ギャラクシー・サイクロン》
通常魔法
「ギャラクシー・サイクロン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

いずれも墓地で発動できる魔法・罠カード。墓地にカードが送られやすいので、その際でも利用できる。

《同胞の絆》
通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を
デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

発動後、バトルフェイズとモンスターの特殊召喚が行えなくなるが、自分フィールドのレベル4以下のモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。