天気


「天気」ってどんなテーマ?
「天気」モンスターに「天気」魔法、罠カードの効果を付加させて戦うテーマ。効果を付加されたモンスターは自身を除外することでその効果を発動し、次のターンのスタンバイフェイズにフィールドに戻ってくる。これを利用し、相手の除去や攻撃を回避しながら攻める。


「天気」ってどんなカードがあるの?
全てのモンスターが天使族であり、下級モンスターは全てレベル3に統一されており、固有の効果と別に以下の共通の効果を持つ。

(X):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

また、「天気」魔法、罠は全て永続魔法か永続罠であり、以下の共通の効果を持つ。
(1):「〇〇」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及び
その両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●(固有の誘発即時効果・誘発効果)

カードの位置によって、効果を付加できるかが決まる。


メインモンスター
《雪天気シエル》
雪天気シエル
効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻 0/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

召喚時に「天気」魔法・罠カードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置ける。「天気」の起点になるため、初手で引きたいカード。

《雨天気ラズラ》
雨天気ラズラ
効果モンスター
星3/水属性/天使族/攻1200/守1400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

特殊召喚時に手札から「天気」魔法・罠カードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置ける。「天気」カードの効果の発動のために除外された後に、フィールドに特殊召喚されるため、発動タイミングは多い。しかし、わざわざこの効果で「天気」魔法・罠カードを置く必要性も少ない。

《曇天気スレット》
曇天気スレット
効果モンスター
星3/風属性/天使族/攻1500/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが自分フィールドに存在し、
このカード以外の自分フィールドの表側表示の「天気」カードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「天気」魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

このカード以外の自分フィールドの表側表示の「天気」カードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「天気」魔法・罠カードを2枚まで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置ける。「天気」テーマは「天気」魔法・罠カードが中心のため、これを除去されると戦況が厳しくなる。このカードはその場合のケアができる。

《晴天気ベンガーラ》
晴天気ベンガーラ
効果モンスター
星3/炎属性/天使族/攻1600/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚し、
手札から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送り、このカードを守備表示で特殊召喚し、手札から「天気」魔法・罠カードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置ける。蘇生することで、「天気」魔法・罠カードの効果を発動するためのモンスターとして利用でき、リンクモンスターの《虹天気アルシエル》の召喚と効果のための要員として利用できる。

《雷天気ターメル》
雷天気ターメル
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1700/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カードを1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

下級「天気」モンスターの中で最も攻撃力が高く、アタッカーとして利用できる。また、フィールドの表側表示の永続魔法・永続罠カードとデッキの「天気」魔法・罠カードを入れ替えられる。そのため、「天気」魔法・罠カードの擬似的なサーチとして利用できる。

《極天気ランブラ》
極天気ランブラ
効果モンスター
星6/闇属性/天使族/攻2200/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで
自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「天気」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
(3):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

召喚時に手札・デッキ・墓地から「天気」魔法・罠カードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置ける。また、モンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「天気」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。上級モンスターであるため、《晴れの天気模様》からの特殊召喚に頼ることが多いだろう。


リンクモンスター
《虹天気アルシエル》
虹天気アルシエル
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/天使族/攻2400
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「天気」モンスター3体
(1):このカードのリンク先の「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、リンク召喚したこのカードを墓地へ送って発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
(3):フィールドのこのカードが「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

「天気」モンスター3体で特殊召喚でき、このカードのリンク先の「天気」効果モンスターは『魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。』という効果が付加される。最大3体のモンスターにこの効果を付加できるため、非常に強力。一方でこのカードの召喚のために、3体の「天気」モンスターを利用してしまうため、召喚のタイミングに注意。また、自身の効果として、モンスターの特殊召喚時に、リンク召喚したこのカードを墓地へ送り、その特殊召喚を無効にし、破壊できる。リンク召喚していないと発動できないため、注意。


魔法・罠カード
全て「天気」モンスターに効果が付加される点に注意。

《雪の天気模様》
雪の天気模様
永続魔法
(1):「雪の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及び
その両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外して発動できる。
デッキから「天気」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

自身を除外し、「天気」カードをサーチできる。《雪天気シエル》 と同様に「天気」の起点になるため、初手で引きたいカード。発動後、ターン終了時までドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができなくなる点に注意。

《雨の天気模様》
雨の天気模様
永続魔法
(1):「雨の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

自身を除外し、相手フィールドの魔法・罠カードをバウンスできる。相手のターンでも発動できるため、エンドサイクロンのような使い方もできる。

《曇りの天気模様》
曇りの天気模様
永続魔法
(1):「曇りの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターの攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。
この効果はダメージステップでは発動できず、相手ターンでも発動できる。

自身を除外し、フィールドのモンスター1体の攻撃力を半分にし、直接攻撃可能にする。この効果はダメージステップでは発動できず、相手ターンでも発動できる。自分のモンスターに発動し、直接攻撃する他、相手のモンスターに発動し、戦闘破壊を狙う使い方がある。

《晴れの天気模様》
晴れの天気模様
永続魔法
(1):「晴れの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及び
その両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターをリリースし、そのモンスターとカード名が異なる「天気」モンスター1体を、
自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

自身を除外し、自分のモンスターをリリースし、そのモンスターとカード名が異なる「天気」モンスターを、自分の手札・墓地から選んで特殊召喚できる。魔法・罠カードへの破壊にチェーンして《極天気ランブラ》を特殊召喚することで、「天気」魔法・罠カードを守ることができる。

《雷の天気模様》
雷の天気模様
永続罠
(1):「雷の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを除外して発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

相手モンスターと戦闘するダメージステップ開始時に、自身を除外し、そのモンスターをバウンスできる。この効果は対象をとらないバウンスなので、ほとんどのモンスターに有効。

《オーロラの天気模様》
オーロラの天気模様
永続罠
(1):「オーロラの天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●カード1枚のみが自分または相手の手札に加わった時、このカードを除外して発動できる。
手札に加わったそのカードを除外し、そのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

カード1枚のみが自分または相手の手札に加わった時、自身を除外し、そのカードを除外し、そのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。相手のドローやサーチ、サルベージ、バウンスを防ぐために使用する事になるだろうが、結局相手に1枚ドローさせる事になる。特定のカードを狙って除外できれば強力。


テーマ以外のおすすめカード
《真竜機兵ダースメタトロン》
効果モンスター
星9/光属性/幻竜族/攻3000/守3000
このカードを通常召喚する場合、モンスター3体をリリースして召喚しなければならず、
モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
(1):このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと
元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
(2):アドバンス召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
地・水・炎・風属性のいずれかの融合・S・Xモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。

召喚に3体のモンスターを必要し、またモンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースしてアドバンス召喚できる。リリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない耐性を持つ。

《海亀壊獣ガメシエル》
効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

言わずと知れた除去カード。相手モンスターをリリースし、相手フィールドに特殊召喚した後、《雷の天気模様》でバウンスしてやれば、再利用できる。

《朱光の宣告者》
チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手がモンスターの効果を発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

《緑光の宣告者》
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が魔法カードを発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

《紫光の宣告者》
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が罠カードを発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

上記の3枚は、手札から自身と天使族モンスターを墓地に送り、モンスターか魔法、罠の効果を無効にできる。サーチが豊富でモンスターが手札に溜まりやすいため、使用しやすい。《晴天気ベンガーラ》を墓地に送ると良い。

《魔封じの芳香》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

「天気」モンスターの「天気」魔法カードを置く行為は魔法カードの発動ではないため、自身は妨害されない。

《熱き決闘者たち》
永続魔法
(1):自分のモンスターの攻撃宣言時に、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その攻撃を無効にし、対象のカードを破壊する。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに1ターンに1枚しか魔法・罠カードを手札からセットできず、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターはそのターンには攻撃できない。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。
このターン通常のドローを行う代わりに、自分の墓地のモンスター1体を選んで手札に加える。

《魔封じの芳香》と同様に「天気」モンスターの「天気」魔法・罠カードを置く行為は発動ではないため、自身は妨害されない。

《スキルドレイン》
永続罠
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

「天気」魔法・罠カードの効果で「天気」モンスター付加された効果は自身をコストとして除外して発動するため、《スキルドレイン》の効果を受けない。

《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》
通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

「天気」テーマはフィールドが空きやすいため、発動の機会が多い。

《地獄の暴走召喚》
速攻魔法
(1):相手フィールドに表側表示モンスターが存在し、
自分フィールドに攻撃力1500以下のモンスター1体のみが特殊召喚された時に発動できる。
その特殊召喚したモンスターの同名モンスターを
自分の手札・デッキ・墓地から可能な限り攻撃表示で特殊召喚し、
相手は自身のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、
そのモンスターの同名モンスターを自身の手札・デッキ・墓地から可能な限り特殊召喚する。

「天気」モンスターは「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、特殊召喚で戻ってくるため、発動の機会が多い。