クリフォート


「クリフォート」ってどんなテーマ?
アドバンス召喚、またはリリースされたタイミングで発動する効果を持つ、アドバンス召喚を駆使したテーマです。ほとんどのモンスターがペンデュラムモンスターであり、ペンデュラム召喚により、リリース要員を確保し、攻めていきます。

「クリフォート」ってどんなカードがあるの?
すべてのモンスターが地属性、機械族からなり、そのほとんどがペンデュラムスケール1,9のペンデュラムモンスターです。
また、ペンデュラム効果、モンスター効果として、以下のような効果を持ちます。

ペンデュラム効果
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。

モンスター効果
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。

さらに「クリフォート」と「アポクリフォート」モンスターの2種類が存在し、前者がペンデュラムモンスター、後者が効果モンスターとなります。「クリフォート」モンスターには上級モンスターではリリースされた場合、最上級モンスターでは「クリフォート」を用いてアドバンス召喚した場合に発動する効果を持ちます。

上級、最上級モンスター
(上級モンスター)
(4):このカードがリリースされた場合、(固有の効果)。
(最上級モンスター)
(4):「クリフォート」モンスターをリリースしてこのカードの
アドバンス召喚に成功した時に発動できる。(固有の効果)。


・通常ペンデュラムモンスター
いずれも《召喚師のスキル》でサーチが可能。

《クリフォート・ツール》
card100018772_1
ペンデュラム・通常モンスター
星5/地属性/機械族/攻1000/守2800
【Pスケール:青9/赤9】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):1ターンに1度、800LPを払って発動できる。
デッキから「クリフォート・ツール」以外の「クリフォート」カード1枚を手札に加える。
【モンスター情報】
システムをレプリカモードで起動する準備をしています...
C:¥sophia¥sefiroth.exe 実行中にエラーが発生しました。
次の不明な発行元からのプログラムを実行しようとしています。
C:¥tierra¥qliphoth.exe の実行を許可しますか? ...[Y]
システムを自律モードで起動します。

1ターンに1度、「クリフォート」カードをサーチできる。スケール1の「クリフォート」モンスターをサーチすれば、容易にペンデュラム召喚が可能になり、その場面で必要なカードを持って来られるため必須カード。

《クリフォート・アセンブラ》
card100020260_1
ペンデュラム・通常モンスター
星5/地属性/機械族/攻2400/守1000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分がアドバンス召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
このターン自分がアドバンス召喚のためにリリースした「クリフォート」モンスターの数だけ、
自分はデッキからドローする。
【モンスター情報】
qliphoth.exe の 0x1i-666 でハンドルされていない例外を確認。
場所 0x00-000 に書き込み中にアクセス違反が発生しました。
このエラーを無視し、続行しますか? ...[ ]
===CARNAGE===
たッgなnトiのoモdる知rヲu悪o善yりナnにoウよyノrりgトnひaノれsワiれワdはo人Gヨ見
イdなoレo知lもfカるeキr生iにf久永gベn食iてrッb取もoラtか木tノn命aベw伸ヲd手nはa彼

アドバンス召喚のためにリリースした「クリフォート」モンスターの数だけドローすることができ、容易に1,2枚ドローすることができる。また、専用フィールド魔法の《機殻の要塞》で召喚権を増やしたり、「クリフォート」と相性の良い「帝王」カードの《連撃の帝王》 で相手のターンにアドバンス召喚し、相手のターンにドローすることも可能。


・上級モンスター
《クリフォート・アーカイブ》
card100018811_1
ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻2400/守1000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分フィールドの「クリフォート」モンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):このカードがリリースされた場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。


《クリフォート・ゲノム》
card100018812_1
ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻2400/守1000
【Pスケール:青9/赤9】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は300ダウンする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):このカードがリリースされた場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

両者とも、ペンデュラム効果として、自分の「クリフォート」、または相手のモンスターの攻撃力を変動させる効果を持つ。また、リリースされた場合に、モンスターのバウンス、または魔法・罠カードの破壊が可能。


・最上級モンスター
上級モンスターと同様にペンデュラム効果として、自分の「クリフォート」か相手のモンスターの攻撃力を変動させる効果を持つ。

《クリフォート・ディスク》
card100018813_1
ペンデュラム・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2800/守1000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分フィールドの「クリフォート」モンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):「クリフォート」モンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「クリフォート」モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

「クリフォート」モンスターをリリースしてのアドバンス召喚に成功した時、デッキから「クリフォート」モンスター2体を特殊召喚することができる。そのモンスターはエンドフェイズに破壊されるが、リンク召喚や召喚権があればさらに展開することができ、その後はペンデュラム召喚用に使用できる。

《クリフォート・アクセス》
card100020261_1
ペンデュラム・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2800/守1000
【Pスケール:青9/赤9】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は300ダウンする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):「クリフォート」モンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
相手の墓地のモンスターの数が自分の墓地のモンスターより多い場合、
自分はその差×300LP回復し、その数値分だけ相手にダメージを与える。

「クリフォート」モンスターをリリースしてのアドバンス召喚に成功した時、相手の墓地のモンスターの数が自分の墓地のモンスターより多い場合、その差×300LP回復し、その数値分だけ相手にダメージを与えることができ、《クリフォート・ツール》によってライフポイントを酷使するこのテーマで、唯一の回復カー。ペンデュラムテーマであるため、墓地にモンスターは溜まりにくく、相手によっては効果が期待できるが直接的なアドバンテージには繋がらないため、採用率は低いでしょう。

《クリフォート・エイリアス》
card100020262_1
ペンデュラム・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2800/守1000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分フィールドの「クリフォート」モンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):「クリフォート」モンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

「クリフォート」モンスターをリリースしてのアドバンス召喚に成功した時、フィールドのカード1枚をバウンスすることができる。また、この効果の発動に対し相手はチェーンを組むことができないため、リリースされた《クリフォート・アーカイブ》や《クリフォート・ゲノム》と同時に発動させることで安全に効果を発動可能。さらに、自身の《クリフォート・ツール》をバウンスさせることで、もう一度「クリフォート」カードをサーチすることも可能。

《クリフォート・シェル》
card100018814_1
ペンデュラム・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2800/守1000
【Pスケール:青9/赤9】
(1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は300ダウンする。
【モンスター効果】
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
(3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも
元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
(4):「クリフォート」モンスターをリリースして表側表示でアドバンス召喚に成功した場合、
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃でき、
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

「クリフォート」モンスターをリリースしてのアドバンス召喚に成功した時、2回攻撃と貫通が付加される。場の「クリフォート」ペンデュラムカードによっては、全体の攻撃力の変動が生じるため、フィニッシャーとしても活躍が期待できる。


・「アポクリフォート」モンスター
いずれも特殊召喚できず、召喚に「クリフォート」モンスター3体を必要とする。しかしながら、他の「クリフォート」モンスターの『元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。』に加えて、『通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けない』という効果が追加され、非常に強力な耐性を持つ。

《アポクリフォート・カーネル》
card100020263_1
効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻2900/守2500
このカードは特殊召喚できず、自分フィールドの
「クリフォート」モンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

毎ターン、エンドフェイズまで相手のモンスターを奪う効果を持つ。

《アポクリフォート・キラー》
card100018815_1
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2600
このカードは特殊召喚できず、自分フィールドの
「クリフォート」モンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果も受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
特殊召喚されたモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。

こちらは、毎ターン、相手に自身の手札かフィールドのモンスター1体を墓地へ送らせる効果を持つ。カードを指定するのは相手だが、ほとんど全てのモンスターを除去できるため、非常に強力。

・リンクモンスター
《クリフォート・ゲニウス》
card100062118_1
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
(1):リンク召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカード以外のリンクモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、このカード以外の、
自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカード2枚の効果をターン終了時まで無効にする。
(3):このカードのリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に発動できる。
デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に加える。

機械族モンスター2体で召喚でき、このカード以外の自分及び相手フィールドの表側表示のカードをそれぞれターン終了時まで無効化する効果、またリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に、レベル5以上の機械族モンスターをサーチする効果を持つ。《クリフォート・ディスク》から召喚でき、その後にペンデュラム召喚することで容易にサーチすることが可能。


・「クリフォート」魔法、罠
《機殻の生贄》
card100018845_1
装備魔法
「クリフォート」モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力は300アップし、戦闘では破壊されない。
(2):「クリフォート」モンスターをアドバンス召喚する場合、
装備モンスターは2体分のリリースにできる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「クリフォート」モンスター1体を手札に加える。

「クリフォート」モンスターをアドバンス召喚する場合に2体分のリリースにでき、墓地に送られると「クリフォート」モンスターをサーチできる。

《機殻の要塞》
card100018846_1
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「クリフォート」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
「クリフォート」モンスターの召喚は無効化されない。

「クリフォート」モンスターの召喚権を増やし、召喚を無効化されない効果を持つ。上級「クリフォート」モンスターを複数回召喚したり、《クリフォート・アセンブラ》 のドロー効果を増やすことができる。

《隠されし機殻》
card100018856_1
通常罠
「隠されし機殻」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のエクストラデッキから表側表示の
「クリフォート」Pモンスターを3体まで手札に加える。

エクストラデッキから「クリフォート」Pモンスターを3体までサルベージできる。

《機殻の凍結》
card100038248_1
通常罠
(1):このカードは発動後、効果モンスター(機械族・地・星4・攻1800/守1000)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果でこのカードを特殊召喚したターン、
自分フィールドの「クリフォート」魔法・罠カードは効果では破壊されない。
(2):このカードの効果で特殊召喚したこのカードは、
「アポクリフォート」モンスターをアドバンス召喚する場合、3体分のリリースにできる。

発動後、効果モンスターとなり、「アポクリフォート」モンスターをアドバンス召喚する場合にみ、3体分のリリースにできるため、ほぼ「アポクリフォート」専用のカード。

《起動する機殻》
card100018857_1
通常罠
(1):フィールドの通常召喚された「クリフォート」モンスターは
ターン終了時まで、攻撃力が300アップし、効果は無効化され、
このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。

「クリフォート」用の《禁じられた聖槍》と《禁じられた聖槍》を合わせたようなカード。妥協召喚された「クリフォート」モンスターであれば、攻撃力が元々の数値に戻すことができる。

《機殻の再星》
card100020338_1
永続罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚された時、
そのモンスターがレベル4以下の場合にこの効果を発動する。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):モンスターが特殊召喚された時、
そのモンスターがレベル5以上の場合にこの効果を発動する。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
そのモンスターはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):フィールドに「機殻の再星」以外の
「クリフォート」カードが存在しない場合にこのカードは墓地へ送られる。

「クリフォート」専用の《スキルドレイン》。召喚・反転召喚されたレベル4以下モンスター、または特殊召喚されたレベル5以上モンスターの効果をターン終了時まで無効にできる。また、レベル5以上の場合はフィールドから離れた場合に除外される。《スキルドレイン》と異なり、こちらはアドバンス召喚した上級「クリフォート」モンスターの効果を発動できる。ただし、フィールドに「機殻の再星」以外の「クリフォート」カードが存在しない場合に墓地へ送られるため、注意が必要。


・テーマ以外のおすすめカード
《EMトランポリンクス》
ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 300/守 300
【Pスケール:青4/赤4】
「EMトランポリンクス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がP召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

このカードを使用してのペンデュラム召喚後に《クリフォート・ツール》をバウンスし、再利用が可能。

《竜剣士ラスターP》
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター(制限カード)
星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守 0
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。
【モンスター効果】
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の
融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。

「クリフォート」モンスターを破壊し、エクストラデッキに送ると共に同名カードをサーチできる。
ただし、ペンデュラムスケール5のため、「クリフォート」モンスターの中にはペンデュラム召喚できないモンスターが1部存在する点に注意。

《フーコーの魔砲石》
ペンデュラム・通常モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
(1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに、
フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター情報】
夢幻の空間を彷徨う機械仕掛けの生命体、だったはずである。
一番の謎は、過去の記憶が殆ど残ってい・・事だ。
その理由・・・なのか、・・・・・干渉・・・て拒・・・ている・・?
・・・消去・・・

《クリフォート・ツール》、《クリフォート・アセンブラ》と同様に《召喚師のスキル》でサーチ可能なペンデュラムスケール2のペンデュラムモンスター。

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の(1)(2)のP効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、
このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

少し遅いがエンドフェイズに《クリフォート・ツール》をサーチ可能。

《増殖するG》
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

《クリフォート・ツール》を手札に加える手段。

《火之迦具土》
スピリットモンスター
星8/炎属性/炎族/攻2800/守2900
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に発動する。
次のターンのドローフェイズのドロー前に相手は手札を全て捨てる。

リリース要員を容易に確保できるため、召喚しやすく、手札を全てハンデスできる強力な効果を持つ。

《八俣大蛇》
スピリットモンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2600/守3100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分の手札が5枚になるまでデッキからカードをドローする。

《火之迦具土》と同様に召喚しやすく、ペンデュラム召喚で消費した手札を補充できる。

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの
表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

(1)-(3)の効果を使用し、最終的にペンデュラムモンスターのサーチとドローができる。

《召喚師のスキル》
通常魔法
(1):デッキからレベル5以上の通常モンスター1体を手札に加える。

《クリフォート・ツール》と《クリフォート・アセンブラ》のサーチが可能。

《揺れる眼差し》
速攻魔法
(1):お互いのPゾーンのカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したカードの数によって以下の効果を適用する。
●1枚以上:相手に500ダメージを与える。
●2枚以上:デッキからPモンスター1体を手札に加える事ができる。
●3枚以上:フィールドのカード1枚を選んで除外できる。
●4枚:デッキから「揺れる眼差し」1枚を手札に加える事ができる。

ペンデュラムゾーンにペンデュラムモンスターが2枚あれば、「クリフォート」カードをサーチできる。

《禁じられた聖杯》
速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。


《禁じられた聖典》
速攻魔法
お互いのモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
ダメージステップ終了時まで、
このカード以外のフィールド上のカードの効果は無効化され、
その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。

両者とも妥協召喚した「クリフォート」モンスターを元々の攻撃力にすることができる。
速攻魔法であるため、奇襲性が高い。

《強欲で謙虚な壺》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中から1枚を選んで手札に加え、
その後残りのカードをデッキに戻す。


《命削りの宝札》
通常魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。


《成金ゴブリン》
通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

それぞれデメリットはあるが、《クリフォート・ツール》を手札に加える手段。
《強欲で謙虚な壺》と《命削りの宝札》は特殊召喚ができなくなるが「クリフォート」モンスターは妥協召喚できるため、状況によってはフォロー可能。

《リミッター解除》
速攻魔法(制限カード)
(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

「クリフォート」モンスターは全て機械族であるため活用可能。

《スキルドレイン》
永続罠
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

メタ的な要員に加え、妥協召喚した「クリフォート」モンスターを元々の攻撃力にすることができる。《機殻の再星》と異なり、最上級「クリフォート」モンスターのアドバンス召喚時の効果が発動できなくなる点に注意。

《大革命返し》
カウンター罠
(1):フィールドのカードを2枚以上破壊する
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

《クリフォート・ツール》の防御手段。

《「帝王」魔法、罠》
ほとんどの「クリフォート」モンスターの攻守が「帝」モンスターと同じため使用できる

《帝王の烈旋》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(1):このターン、自分がモンスターをアドバンス召喚する場合に1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

大抵の耐性持ちのモンスターでもアドバンス召喚のリリース要員として除去できる。

《帝王の凍気》
通常魔法
(1):自分フィールドに攻撃力2400以上で守備力1000のモンスターが存在する場合、
フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分の墓地からこのカードと「帝王」魔法・罠カード1枚を除外し、
フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

フィールドに攻撃力2400以上で守備力1000のモンスターが存在すれば、セットカードを破壊でき、墓地のこのカードと「帝王」魔法・罠カードを除外することでもセットカードを破壊できる。

《汎神の帝王》
通常魔法
「汎神の帝王」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の「帝王」魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「帝王」魔法・罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

「帝王」魔法・罠カード1枚を墓地に送ることで2枚ドローできる。また、墓地のこのカードを除外して「帝王」魔法・罠カードをサーチすることも可能。

《帝王の深怨》
通常魔法
「帝王の深怨」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札の攻撃力2400/守備力1000のモンスター1体
または攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキから「帝王の深怨」以外の「帝王」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

手札の攻撃力2400/守備力1000のモンスターまたは攻撃力2800/守備力1000のモンスターを相手に見せることで「帝王」魔法・罠カードをサーチできる。

《真源の帝王》
永続罠
「真源の帝王」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「帝王」魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地の「帝王」魔法・罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードは通常モンスター(天使族・光・星5・攻1000/守2400)となり、
モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとして扱わない)。

墓地の「帝王」魔法・罠カード2枚をデッキに戻し、1枚ドローできる。
また、このカードが墓地に存在するとき、このカード以外の自分の墓地の「帝王」魔法・罠カードを除外し、モンスターとして召喚できるため、リリース要員にもできる。

《連撃の帝王》
永続罠
(1):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに
この効果を発動できる。
モンスター1体をアドバンス召喚する。

相手のターンにアドバンス召喚することで、「クリフォート」モンスターの効果を相手のターンに発動できる。